キュアファームは、富士山麓地域の有機農家仲間が集まった有機農家グループです。

私たちが農薬・化学肥料を一切使わずに栽培した野菜たちをセットにしてお届け致します。

栽培に使用した肥料や堆肥、有機資材や培養菌の種類まで、明確に公表することで安心と安全をお届け致します。

また、

「有機野菜って農薬を使った野菜とどう違うの?」

「どんな栽培方法をしているの?」

「本当に安全なの?」

「そもそも有機ってどういうこと?」

今まで曖昧にされてきた小さな疑問から専門的な問題まで、
わかりやすく解説していける場所にしていきたいと考えております。

農業の【今】を知り、【これから】を皆で考える場所になれれば幸いです。
代表 石上寛朗

【栽培方法】

牛糞堆肥

牛糞堆肥ベースとなる堆肥は発酵牛糞堆肥を使っております。 地元富士宮市でHACCP認証を国内第1号で取得された『佐野牧場さん』の発酵牛糞堆肥を使っております。

発酵鶏糞

発酵鶏糞元肥にも使いますが、主に追肥で発酵鶏糞を使っております。

残渣発酵堆肥

発酵堆肥有機農家グループから出る野菜残渣と自然食レストランから出る生ゴミを分解して堆肥にしています。発酵分解に特化した微生物(バイオテックユーノサ)を発酵専用機械『マジックバイオ君』で培養しております。発酵分解に最適な温度・湿度・撹拌速度を保ってくれます。
発酵分解済みの堆肥なので、速効性です。遅効性が多い有機質資材の中でも速効性のある物は少ないので追肥に重宝します。
肥料成分が多めなので待ち肥や溝肥で植物に選択吸収してもらうこともあります。
(バイオテックユーノサ)は、野村正人工学博士が自然界の土に生息する活発な代謝能力・分解能力に特化した微生物を選択培養したものです。

発酵米ヌカ

米ぬか米ヌカを農業用微生物で好気発酵させたものを使っております。
微生物の増加と、畑での分解時に発生する発酵ガスを避けるために発酵させてから畑に入れます。
通常、三時発酵までさせます。
この時の切り返しが腰にきます。

発酵米ヌカ

米ぬか2窒素の補給と微生物のエサとしておからを使っております。窒素を嫌う豆類などには使いません。

分解される時に出る発酵ガスを畑に入れないように、事前に好気発酵させておきます。

C/N比の関係上、米ヌカに少量入れて発酵させます。

マジックバイオ君で発酵させることもありますが、水分含有量と窒素分が多いため、少量に留めます。

作付けまで余裕のある場合には直接畑に入れ、作付け前にガス抜きと空気交換のため再度耕耘します。

和田豆腐地元富士宮市のお豆腐屋さん『和田豆腐店』のおからを使っています。100%国産大豆、遺伝子組換ナシの大豆を使っています。

にがり

にがりミネラル補給には農業用のにがりを使っております。

その他にも、各野菜の個性によって、自然環境の変化によって、有機質の微量要素を使い分けています。 それでも栽培に失敗することがございますので栽培する品目は多めに設定しております。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

品目から選ぶ

  • 野菜
  • 果物
  • 魚介
  • 肉
  • 卵・乳製品
  • 加工品
  • 茶
  • 米
もぐもぐレシピ
出品者募集中
食品ロスをなくそう
LINE友だち追加

  ↑↑
LINE公式アカウントで新着情報やお得なキャンペーン情報を配信!

バイシズオカ
Top